あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。

本年より、畑をお借りしての百姓修行に邁進したいと思っておりますので、

皆様どうぞ、なまあたたかく見守って頂ければ幸甚です。

 

本年も宜しくお願い申し上げます。

 

さて、節目、節目を大切に日々の生活を送る気持ちはありつつも、

年が明けて2週間もたって何を今更と、我ながら思う今日この頃ですが、

 

おかげ様で、この間に畑の畝をどう立てるかを十分悩むことが出来ました。

 

私が目指す農法は極力「耕起」せず、「無農薬」、「無施肥」としたいと思っています。

そのため、今回畝を立てれば、暫くはそのまま行く事になるだろうと考えています。

 

そのため、今回の計画は、まあ悩みました(笑)

 

計画の指針とするのは

「自給自足の自然菜園12カ月 野菜・米・卵のある暮らしのつくり方」

という竹内孝功氏による書籍

 

完全版 自給自足の自然菜園12カ月 野菜・米・卵のある暮らしのつくり方

完全版 自給自足の自然菜園12カ月 野菜・米・卵のある暮らしのつくり方

 

 

これですね。

この本をベースに色々と試行錯誤をしていこうと思います。

簡単に内容を紹介させていただくと、広さ、作業に使える時間に応じた栽培計画や、自給という観点でのおすすめな作物の割合等から始まり、各作物の育て方まで、凡そ自給生活を始める上での必用な事が書かれております。

特に私には、畝立てする計画や年間の作業計画を立てる際にとても参考にさせて頂きました。

 

既に付箋をベタベタ貼り、書き込みも多くしてしまっていますが、今後もこの本は私の教科書の一冊となってくれる事と思います。

 

んで、私が考えた畝と作付けの計画ですが……

 

 

 

f:id:hyakusyoumiman:20180114181012j:plain

 

 

 

こんな感じです。

 

 

図で見ると上が北になりますね。

そして、私の畑の特性として、

区画の一部が欠けたL字形になっているという事、

それと、北西のごく一部が隣に住宅があるため、

午前中の少しの時間、日陰になる事があるという事があります。

 

この図で見ると里芋、しょうがのあたりですね。

 

畝の幅や高さ、畝間の距離などは現地で調整する必要があると思いますが、限り有る広さですので有効に使えればと考えています。

 

夏畝、冬畝というのは、

それぞれ、夏野菜と冬野菜を育てて、連作障害を防ぐ為に一年ごとに場所を変える

予定です。

 

イチゴは子どもを遊ばせているときにちょっとあったら良いかなと思ったのと、

ニンニクは自宅での消費量は少ないものの、イチゴのコンパニオンプランツとして

の役目もかねる予定です。

 

さつまいも、ジャガイモ、ネギ、タマネギは我が家での食卓での登場回数も多く

生活の自給度を底上げしてくれる事を願っています。

 

とうもろこしは、畑をやったらまずやってみたいものでした。

固定種の物があまり無い事がネックですが、それでも、採りたてのとうもろこしという言葉の響きに抗う事は出来ませんでした(笑)

 

里芋、しょうがはある種実験的にどのくらいできるかを試そうかと思っています。

あまり、畑を空けないで様々な物が育てられれば良いとは思いますが、

ひとつ、ひとつしっかりと見ていきたいと思っています。

 

では、今日はここまで。

ありがとうございました。

 

E3

 

 

 

 

 

年の瀬

皆様、本年もお世話になりました。

 

師走の最中に開設させていただいた当ブログですが、来年には本格始動していければと思っております。

 

色々と思うところはございますが、今日からお正月の期間いっぱいは社員としての仕事が多忙になりますので暫くお暇を頂戴いたします。

 

それでは、皆様良いお年をお迎え下さい。

 

E3

畑を見てきました。

こんにちは。

世間はクリスマスムードで一色ですね。

昨日は土曜日でしたので「クリスマスイブ・イブだね」「メリークリスマス!!」

なんて乾杯をした方も多いのではないでしょうか。

そんな中、我が家は安定の「天皇誕生日だね」「弥栄(いやさか)!!」でお送りしております。

 

…サンタさん来ないかなぁ。

 

という事で、

昨日、地主さんに畑を借り受けるご挨拶に伺いました。

 

んで、畑です。

f:id:hyakusyoumiman:20171224142153j:plain

場所は千葉県のふなっしーがいる所。

ちーば君でいうと口からあごにかけてのあの辺にあります。

約5メートル四方の区画が3区画、L字型にくっついています。

 

わかりにくい写真で恐縮ですが、この草が茂っているエリアになります。

もう枯れていますが、いちばん目に付く草は「エノコログサ」ですね。

ネコじゃらしって呼ばれるあれです。

その下にもいくつか草が見えていますが、この写真を撮った日は前日の夕方で、あまり時間もなく未確認です。(不勉強の言い訳)

 

昭和天皇が「雑草と言う名前の草は無い」と仰ったエピソードは有名ですが、

私も、この畑に生きる様々な生き物の事を勉強しなくてはと感じています。

まずは、来年からの計画を色々と考えようかと思います。

 

E3

 

 

 

 

楽農家~百姓未満ブログ はじめました

はじめまして

 

 

「自然の恩恵に感謝して、全ての生き物と繋がる農」

人間が作物を作る業ではなく、自然を楽しみ、自然に育てていただく「楽農」を目指す

『楽農家』こと百姓未満のイーサンと申します。

 

イーサンっていう名前は勿論本名じゃありません。

ほんとの名前は誰にも教えちゃなんね。ってばっちゃが言ってだ。

 

……   それはそうと、このあだ名(ハンドルネーム?)以前ランニングしている時にかけていたOakley(オークリー)のサングラスがどこぞのスパイに似ているって事から友人の間で広まったので今も使わせていただいております

 

もう一度言います

 

「Oakleyのサングラスがどこぞのスパイに似ている」

(かけている人が似ているとは全く言われていない)

 

 

…… つぎ、行きましょか。

 

 生まれは千葉県、年齢は30歳と少しで、千葉には高校を卒業するまで住んでいて、最近再び千葉県に戻ってきました

 

今は都内でサラリーマン生活の傍ら、日本の文化を学びつつ、その中でも、八百万の神に感謝して生きるという生き方に共感し、それを少しでも実践していきたいと考えています

 

その実践にはやはり自然に触れることが重要であると考え、それにはまず「農」であり「百姓」だ

 

という事で千葉に戻ってくるなり畑、借りちゃいました(笑)

 

もちろん、そう大きい面積ではありません。3坪位の小さな家庭菜園規模を3区画だけですが

 

まだ、どんな事になるか全くわかりませんが、それやらこれやらを雑多な感じで個人的なメモ、備忘録、記録の様に綴ろうと思い立ち、このブログを立ち上げる事といたしました。

 

私が目指していきたい農法(というのもおこがましいので)家庭菜園の栽培方法は現在主流の肥料を鋤き込み、農薬を散布するいわゆる「慣行農法」ではなく

福岡正信 氏や 木村秋則 氏が提唱した、不耕起・無施肥のいわゆる「自然農法(栽培)」というような方法で、つまり自分では耕さないし、肥料もあげない、全部自然の営みに任せてしまって我々人間がするのはそのお手伝いだけの

楽しく楽チン「楽農」をやりたいと思っています。

 

とはいっても、全くの実験的なスタートですし、私自身浅学の身ですので試行錯誤の道をここに綴らせて頂くことになるかと思います。

 

自分自身いろんな所へ興味がとっ散らかっていて、尚且つ文章もとっ散らかっているこのブログがどうなるかわかりませんが、晴れて未満が取れて本物のお百姓さんになれたときには、この記録が皆様にとって何らかの形で役に立つ事ができていればとも思っています。

 

これから暫くお付き合いいただければ幸甚です。

宜しくお願い申し上げます。

 

E3