自然に生かされる生活…を目指す百姓未満ブログ

太陽と大地、山川海宇。報恩感謝

新年号(元号)が発表されましたね。(前編)

新年号(元号)が発表されましたね。

「令和」だそうです。

このブログのテーマ的には、由来の梅の花のくだりに注目すべきかなと思いましたが、個人的な発表直後に思ったのは「世間は桜の季節なのに何故梅?そして5月はさらに梅の雰囲気では無くなるのになぁ」ってことでした。

 

それはともかく、安倍首相の談話にて引用もとの歌とこの年号に込めた思いが話されましたね。

「~厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定致しました。(一部抜粋)」

 

とのことですが、今の日本はやはり厳しい寒さの中にあるのでしょうかね。

 

それは、ともかく世間には今日から新元号だと思ってらっしゃる方が少なからず居らっしゃるようですね。

まぁ、マスコミの今日の年号発表の報じ方を見るとそんな勘違いをしてしまうのかなと思わなくも無いですが…。

 

折角なので、そもそも、元号(年号)とは何ぞや、というお話をしたいと思います。

特に練ったものでも無いので(いつもそうですが…)読み難いとは存じますが、ご容赦頂ければ幸甚です。

(この記事に関しては、自分の勉強の為にも機会があれば見直して整理したいと思います)

 

さて、元号(年号)というのは何かというと、年の数え方(紀年法)のひとつです。

よく言われているのは、年号を使用しているのは日本だけだという事ですが、他の国は「紀元」を使用しています。2019年というあれですね。

 

紀元には共通紀元だけでなく様々な種類があります。

 

キリスト教圏ではイエス・キリストの誕生を紀元とした西暦

イスラム教権ではムハンマドの聖遷を紀元としたイスラム暦

仏教国では釈迦の入滅をもとにした紀元を採用していたり、インドではサカ紀元というものが使われていたりします。

最近の紀元だとコンピューターの時間の初期値である1970/01/01なんかも紀元ですね。

日本の紀元ですと皇紀(神武紀元)があり、今年は皇紀2679年です。

このように夫々の国が、夫々の文化である出来事を基にして数えるのが紀元です。

 

では、年号とは何でしょう?

年号というのは時の君主が定めた時の数え方で、その時代時代で数え直されてきたものです。

 

我が国の歴史としては、倭国の時代には中国の諸王朝から有名な邪馬台国をはじめ多くの国が中国の皇帝より王の称号を受けていました。

正確にはわかりませんが、この頃は中国の皇帝の定めた年号の影響下にあったものと思います。

 

そして、聖徳太子の時代、有名な、「日出處天子」(日出ずるところの天子)というものですが、ここで初めて日本の天皇が皇帝と同じ位であると主張され、西暦645年の大化の改新では「大化」という年号が使用されました。

そしてその後、年号は天皇のご即位や時代の大きな出来事の度に変更され、平成までに247種類の年号があります。

南北朝時代の捉え方により若干の違いがありますが…)

 

そして、明治以降は一世一元の制が出され大正、昭和、平成と天皇陛下が御即位される度に新しい元号となっています。

 

よく、元号を廃止して西暦のみにするべきだという主張が行なわれますが、これは言い換えれば日本の文化、歴史を捨てろという主張なんですね。

日本のキリスト教化を臨む国からすればキリスト教暦にさせたいし

辛亥革命以後年号を廃止した国にとっては自国の歴史以上に古くからの歴史を残す国が目障りですし

とりあえず、日本の日本らしさは全て無いほうが良いと思っている方々も少なからず日本人の顔をして日本にいるようです。

 

新年号(元号)の発表とともに、少しでも日本人が自国の歴史について学び、日本の良さに気がついて頂ける機会となることを期待します。

 

少々長くなったので残りは後日。

ジャガイモ(シンシア)の植付と今年の作付け計画

 


今日は春分の日です。

靖国神社の桜も開花宣言が出され、すっかり春になって来ましたね。

 

先日、植え残していたシンシアの植付と諸々の準備を進めてきたので、今年の計画を備忘録がてら記録させて頂きます。

 

なお、私が目指している菜園の姿としては、無農薬、無化学肥料、可能であれば無施肥というもので、自然の力を出来るだけ利用するというものです。

そして、連作をしつつ畝を固定化して可能な部分は無耕起で行ないたいと考えています。

 

そして昨年一年勉強させて頂き、本年予定している植え付け計画及び現在植えられてる作物がこんな感じです。

 

f:id:hyakusyoumiman:20190321204802j:plain

一見して分るとおり、大幅に芋類を増やしました。

…これは、なかなか畑に行けなかった反省をふまえて手のかからない作物を増やした結果ですね。

 

ジャガイモ畝は収穫後にネギと落花生が植えつけられ、翌年またジャガイモへとリレーする予定です。

 

さつまいも畝は今、大麦が植えられています。時機を見てさつまいも用の畝を整え、さつまいもとオクラ、ゴマを同時に栽培する予定です。

オクラ、ゴマは前回失敗していますのでリベンジですね。

 

トマトの植え付け予定場所には、さつまいも畝の一画に居たアスパラガスを移動しました。

今年は、アスパラ・トマトの混植で、秋にはレタス・ブロッコリーをやる予定です。

 

ピーマン・シシトウ畝はつるなしインゲンと混植で、秋は結球物でレタス・キャベツ・白菜の予定です。

 

隣のレタスキャベツは、昨年大失敗のトウモロコシの種が少し余ったので終わったら植える予定です。

 

里芋・ショウガもリベンジ。

終わったらここにはのらぼう菜にしたいと思います。

 

その下、タマネギ・ソラマメは現在育成中。

夏になったらズッキーニを立体栽培したいと思います。

ただ、夏になかなか菜園に行かれない場合はスイカに切り替えるかもしれません。

 

人参・牛蒡畝は小カブも入れてリレー栽培

大根畝でも春夏秋と三期の大根と合間の人参栽培をする予定です。

 

その横のエンドウ畝はとりあえず植わっているエンドウを移植しました。

今後どうなるかは未定ですが、時期的には葉物野菜かなと考えてます。

 

イチゴ・ニンニク畝は当面このまま。

ニンニクを収穫して、また植え付けの時期には夫々の場所を交換して植えつける予定です。

 

以上

では、今日はこのあたりで。

 

ジャガイモ(キタアカリ)の植え付けとネギの植え替え、その他諸々

こんにちは。

日本列島に今頃寒波がいらっしゃってるようですね。

 

…なぜ、このタイミング!!

 

っという事で、あんなに「桜の花が咲いたら植えつけます」って言ってたのに何故植えちゃったの!?

と1人反省会です。(だって植えたかったんだもん) ←我慢できなかった

 

まぁ、近所ではこんな風景もみられたので良しとしましょうか。…寒波来たけどね。

 

f:id:hyakusyoumiman:20190315165037j:plain

ソメイヨシノでは無いだろうけど…

 

 

という事で、先日の畑作業のご紹介です。

まず、以前に購入していた種芋をこんな感じで芽出ししてました。

f:id:hyakusyoumiman:20190315163317j:plain

 

こんな感じで芽が膨らんできました。

f:id:hyakusyoumiman:20190315164732j:plain

 

で、この頭に出て来た勢いのある芽をポキッと取っちゃいます。

f:id:hyakusyoumiman:20190315164706j:plain

 

この方法は頭頂部を切り取って植えつける方法の簡易版で脇からの芽の育成を促し、芽かきの手間も軽減する……らしい。 

 

そして植付です。

 今回は 畝幅110cmで2条植えです。

作業時間が限られていた為、一番端の列は私が位置を決め、

残り5条はアウトソーシングしました。

こんな感じで……

 f:id:hyakusyoumiman:20190315163505j:plain

おわかり頂けるだろうか…

 

一番奥が私の例、2列目、3列目、集中力が無くなって来たか4列目

 

5列目……おい。

 

 

f:id:hyakusyoumiman:20190315163500j:plain

発注先は既にブロッコリーの収穫に夢中(笑)

 

 

 f:id:hyakusyoumiman:20190315163509j:plain

その後なんだかんだで植え付けは終わりました。

 

畝を浅く掘って土をかぶせています。

もともとを平畝に作っているので深く谷底植えにしてしまうと水はけと収穫が大変そうだったので今回は浅めに植えました。

 

土寄せが出来る畝幅を取っているので、今年は土寄せを頑張ります。

 

あ、ちなみに今回は“基本的”に芽を欠き取っているので逆さ植えはしていません。

基本的というのは、芽かきも植えつけも一部アウトソーシングしているからです……。

 

f:id:hyakusyoumiman:20190315164920j:plain

ジャガイモ畝の隣にネギの畝を作りました。

娘がブロッコリーの収穫をしていた所ですね。ここと並んだ手前側にはシンシアを植えつける畝を準備しました。

 

ネギは昨年から畑にあった物を移植

大きなものは穴をあけて落とし込み栽培で、小さなものは並べて仮植え

 

ちなみに、写真を見て気がつきましたが奥の方にスコップが置いてありますが、この置き方は危険なのでしてはいけません。

刃部が上を向いていると踏んだ時に柄が飛び上がって来るんですね。

 

 

f:id:hyakusyoumiman:20190315164550j:plain

ソラマメは摘心をしなければならない事に今更ながら気がついてあわてて摘心。

一箇所2~3本植えで一株あたり3~4本くらいになったかな?

支柱の周りに紐で支えを結びます。

 

この畑は風が強いのでやはり防風ネットを張った方が良さそうですね

全ての畝立てが終わったらそちらも作業します

 

こちらはニンニク・イチゴ畝 

f:id:hyakusyoumiman:20190315164939j:plain

 

イチゴの存在がほとんど見られませんね。

でも、近くでよく見てみると

 

f:id:hyakusyoumiman:20190315165013j:plain

 

小さな花が咲いていました。

まだまだ実を付けられる大きさの株ではなさそうですが、春はすぐそこまでやってきているようです。

 

まだ、いくつか春の準備でしなければならないことを残していますが、今日のところはここまで。

 

では

 

 

 

 

 

ジャガイモ畝の準備

 


今日は3月11日です。

東日本大震災から8年も経過している事に光陰矢の如しと思わされますが、未だに仮設住宅に暮す方々が3000人以上いらっしゃるという事実に、これは未だ過去の事ではないんだなと考えさせられます。

 

本日14時46分に私も黙祷いたしましたが、震災後、現地にボランティアで入った時の事がまざまざと思い出されました。

3.11当日、及び震災関連でなくなられた2万有余の方々のご冥福と、今も復興に向けて戦われている方々へお見舞いを申し上げます。

 

 

 

さて、本日の更新は先日行なったジャガイモの植え付け準備についてです。

畝幅約110cmで2列植を3畝の予定です。

 

f:id:hyakusyoumiman:20190311183704j:plain

 

肥料は入れませんが、わらのマルチや残渣、雑草は鋤き込みました。

とはいえ、管理機はありませんので円匙での作業です。

あ、円匙(エンピ)というのはスコップのことですね・・・。

 

一列約4mの畝で、キタアカリを6列 先日購入した種芋が75個でしたので、株間が約30cmで丁度いい数になりそうです。

 

畑の全景です

 

f:id:hyakusyoumiman:20190311183634j:plain

 

手前の一区画に続く右奥の一区画が今回のジャガイモ畝

左側一区画には現在ニンニク・イチゴ畝とタマネギ・ソラマメ畝です。

 

手前側は里芋、ショウガの植え付けのために今回畝作り。

 

ジャガイモは桜が咲く頃に植付だけど、その前にもう少し畝をたて直したいなぁと思ってます。

 

春はこれからの作業を色々考えて楽しいですね。

では、また。

 

 

~~~~~~ 以下作業予定メモです ~~~~~~

 

・シンシア用のジャガイモ畝と、ネギの仮植え用の場所を作る。

・さつまいも畝を増やす。

・アスパラを株分けして、アスパラ・トマト畝の準備

・その他の作物用の畝をたてる

 ・桜が咲くころにジャガイモの植え付け。

 ・ソラマメの芽かきと支柱への固定(追加)

・エンドウ豆の引越しと支柱立て(追加)

ジャガイモ - 種芋の購入

 

こんにちは。

 

平成31年の畑初めは種芋の購入から始まりました。

本来は未だ購入の予定ではなかったのですが、たまたまホームセンターにあったので「キタアカリ」と「シンシア」を購入

 

 f:id:hyakusyoumiman:20190202144416j:plain

 

 

「キタアカリ」は男爵にツニカという品種を合わせて出来た品種で粉質で甘みが強く、休眠期間は短めとの事。

 

一方、昨年あまり上手くいかなかった「シンシア」はフランス生まれの品種でねっとりとホクホクの中間くらいの食味で煮物系に良く合うそう。休眠期間は長めで貯蔵性が高い。

 

という二種類の品種をやってみることに。

面積も昨年の3倍程度に増やしてなかなか畑に出られない夏場の管理の手間の軽減も目論んでいます。

 

畑の耕起と畝作りもそろそろかからねばならないので、近日また報告させて頂きます。

 

 

 

一年目の反省と来期について

久しぶりの更新です。

(毎回毎回が久しぶりなので、ある意味、通常通りですが…)

 

さて、今回は今春から約一年やってみての作物毎の振り返りと反省点なんかをおさらいしたいと思います。

 

【ジャガイモ】

畑の作業はジャガイモからスタートしました。

当初はシンシアという品種を育てたいと考えていましたが、種芋切りとその後の乾燥に失敗し散々な結果に。

各局ホームセンターにて男爵の種芋を追加購入して一畝育てました。

もともと畝を高めにしてしまっていたのと、なかなか作業が出来ずに土寄せがうまく出来なかったものの、満足のいく収量がえられました。

 

・【里芋・ショウガ・ミョウガ

ミョウガが暴れすぎたので、途中で撤去しました。

解ってはいましたが危険ですので今後はミョウガは無しですね。

 

反対に里芋・ショウガはちょっと微妙。

降水が少なかったせいか草負けしたのか大きくなる感じではありませんでした。

もう少しで収穫ですが、あまり期待は出来ないかもしれません。

 

【スイカ、ズッキーニ】

イカは急な雨で裂果、ズッキーニは風に煽られ株が傷む等あまり良い結果ではありませんでした。

結局、食べられたのは夫々ひとつか二つ…

来期はどうしようか未定です。

 

ただ、ズッキーニの立上げ栽培はやってみたいのでまずは防風ネットを考えようかな。

 

【オクラ】

 蒔いたものの、ネキリムシにやられて全滅でした。

収穫に頻繁には行かれないので、来期は見送るかもしれません。

 

 【トウモロコシ・南瓜・インゲン】

トウモロコシはアワノメイガにやれれて全滅

農薬を使う予定は無いので、来期はやりません。

栽培に自信が持てたらまたやりたいです。

 

南瓜、インゲンはぼちぼちでしたが、トウモロコシとセットでしばらく無しかな。

 

【サツマイモ】

まずまず成功。収量も申し分ないし、ツルもおいしくいただけた。

来期はもう少しスペースを作るのと、今回の芋から苗を作りたい。

 

【ゴマ】

苗作り失敗

 

【枝豆】

大きく育ったものの何故か莢の膨らみが見られず失敗。

収量ゼロで終了。

 

【ナス】

草に負けたのか大きくならずに数個の収穫のみだった。

来期は草マルチを厚くしながら時期を変えながら植えつけて再チャレンジしたい。

 

【ピーマン、シシトウ勢】

豊作、ある程度放任で上手くいくのでいったので来期も行なう予定。

 

【ほうれん草】

草なのか、虫なのか、両方なのか

負けてしまって間引き菜程度の出来。

葉物はもっと頻繁に様子を見なければならなかった。

 

【大根・人参】

どちらもまずまずの出来。

虫も寄らず、播種のタイミングも他の草に負ける前で良かったのかもしれない。

大根はトウ立ちしてしまったものもあるので、時間差をつけて蒔くようにしていこうと思う。

 

今期の反省

予定していた日数よりも大幅に少ない日数しか畑に出られず、夏場には雑草の力に負けてしまう事が多く、直播きしたものでは育成当初に周りの草に負けてしまい消えてしまう事もあった。

 

また、害虫対策については、基本的に虫が食べる分も考慮して栽培をしようと考えてはいたものの、オクラはネキリムシ、トウモロコシはアワノメイガにやられて全滅だった。

適期適切な作業の必要性を痛感すると共に、省労力で栽培できる計画を練る必要がある。

 

 

来期の栽培計画

本年の反省をふまえ、来期の計画案は以下の通りを構想中です。

 

【ジャガイモ】

 シンシアに再挑戦、種芋のサイズが大きいので芽刺し栽培を行なおうかと思います。

 畝ももう少しスペースを割き、谷底植えで作業量を減らす予定。

 

【さつまいも】

 畝を立てなおしてジャガイモと共にスペースを増やす。

 出来自体は悪くなかったので、来年は畝の固定化と芋からの苗取りをしたいと思う。

 

【里芋・ショウガ】

 もう一度植えて再度挑戦。

 今回は何が悪かったのかすらわからなかったので、また一年同じ場所で勉強か。

 

【長ネギ】

 消費量が多く期待している作物のひとつ。

 タイミングを逃し播種できなかったが、来年はしっかり苗から大量に作りたい。

 なお、植え方は土寄せのいらない穴に苗を落とす植え方でやってみたい。

 

【トマト】

割と上手くいったので、来期も引き続き。

寝かせ植えで3本仕立てにして収穫のタイミングに変化をつけていきたい。

コンパニオンプランツはバジルと落花生の予定。

 

【ピーマン・シシトウ】

こちらも引き続きやって行きたい。

特段変った栽培は行なわないが、畝の場所を変更するかも知れない。

シシトウよりも収穫のタイミングの長い万願寺唐辛子が良かった。

ピーマン・万願寺唐辛子・あと手に入れば内藤トウガラシがやりたいなぁ。

 

【大根・人参・牛蒡】

根菜類も比較的上手くいっているので来期も行い、出来れば採種もしたい。

 

 

とりあえず、各作物の畝計画の見直しを含めてもう一度考えていきたいと思う。

 

あ、あと近日タマネギを植えます。

草マルチ日和と間引き人参の胡麻和え

写真の一枚も無い記事で恐縮ですが昨日も作業をしてきました。

 

畝間の通路に広がった草を刈ってマルチ資材に。

主にジャガイモ畝にマルチを施してきました。

メインのジャガイモ畝は花が咲き誇り大きく成長しているように見られます。

ただ、横に申し訳程度に植えたシンシアは今年は難しいかもしれません。

現時点でまだ草丈がかなり低いです。

 

そのほか、除草をかねて作物の見回り。

・里芋・ショウガは未だ芽が出ず。

 実家の庭から拝借したミョウガは好調。好調すぎて他の場所に出ないように根止めを入れないといけないですね。

 

・スイカ、ズッキーニは段々と根付いて来たようです。もう少し見守りが必要ですね。

 畑は風が強いので、苗カバーの導入を検討しています。

 同じ畝に蒔いたオクラも先日の雨で発芽したよう。様子を見て2本に仕立てます。

 

・トウモロコシ畝も直播で成長はじわじわとですが生え揃ってきました。

 南瓜は若干草に埋もれ気味だったのを草刈で救出

 今年はインゲンは見送る事になりそう

 

・ジャガイモ畝は元気いっぱい。

 ただし、高畝にしすぎて土寄せが間に合っていない感もある。

 とりあえず、あるだけ草マルチで対応。

 

・さつまいも畝 根つくか心配だったさつまいもも欠落無く全部根がついたようで一安心。肩に蒔いたゴマと枝豆はこれから本気を出してくれるかな?

 

・ナス 植え付け時のダメージが大きいのかなかなか育たない。

 今後もゆっくり見ていこう

 

・トマト 気温の上昇とともに段々と勢いが出て来た。

 放任で育つという触れ込みのトマトは病気のようなので、対応を検討中。

 モザイク病でない事を祈る。

 

・ピーマン、シシトウ 少しずつ勢いを伸ばして来た。

 

・大豆 芽が出たので除草をかねて軽くマルチ。

 もう少ししたら2本立てに間引き

 

・ほうれん草 暑い日が続いたせいか、かなりばて気味。

 そろそろ終わるのかな?

 

・大根 かなり勢いが出て来た。

    広めに間引きをしつつ間引き菜を収穫。

    葉を炒めた他、湯がいて細かく切って冷凍。

    一部は天日で干して漬物にする予定。

 

・人参 間引くとボールいっぱいの人参が収穫。

    畝肩には枝豆が顔を出していた。

    間引いていると牛蒡の葉が見えてきた。

 

間引き菜人参の胡麻和え

 

・人参葉をゆでる。

 葉といいながら小さめならそのまま人参投入可

 ゆでるとセリのような良い香がしてくる。

 

 ザルにあけて水気を取ったら好みの大きさに切る。

 今回は人参部分は細かめに、葉の部分は2センチ位

 

 ゴマを擂って

 (ゴマをするのするって手偏に雷なんですね)

 砂糖と醤油を1:2くらいの割合で擂ってる中に投入。

 その後切った人参と和えて出来上がり。

 

以上

 

 クセが少しあるけど、好きな人は好きな感じ。

 私はかなり気に入ったので機会がある毎に作ります。

 おすすめです(笑)